葬儀の形態 市民葬

さまざまなスタイルの葬儀が登場している現在では、生きている時にお金をかけて、葬儀にはあまり費用をかけたくないという人も増えています。葬儀には、生協やJAなど組合員の積立金で行うタイプ、民間の葬儀会社で行うタイプなどさまざまなものがあります。

なかには公共性が強い自治体が行うタイプの市民葬や区民葬というものもあります。最大の魅力は低価格であることであり、自治体葬を実施している自治体に所属していれば所得制限もないため、誰でも利用することができます。最低限の費用で葬儀を行うことができるので、葬儀にお金をかけたくないという方にはおすすめです。自治体葬は、自治体自体が行うものと自治体が提携している一般の葬儀会社が実施するものがあります。祭壇や霊柩車、火葬料金など最低限の内容がセットになっていることが多いものですが、なかにはオプション設定となっていることもあります。

市民葬や区民葬を希望する場合は、市や区役所の窓口で死亡届を提出した際に申し出ることになります。区民葬の場合は、チケット制になっておりチケットで祭壇や火葬料、骨壺などの支払いにあてます。祭壇にもグレードがあり、ドライアイスや遺影写真、人件費などは含まれていないことがあるため注意が必要です。