葬儀の形態 お別れの会・自由葬

近年では、故人の遺志や思いをくんで、形式にとらわれない新しい形の葬儀が多くなっています。宗教的な意味合いが薄れ、葬儀場などを使用せずにホテルや宴会場を使って葬儀が行われることも少なくありません。僧侶などを呼ばず自由な形で行われる無宗教葬もみられ、故人を追悼することに重点を置いて、焼香のかわりに献花をしたり、プロジェクターなどを使って故人の生前の様子を映し出したりして偲ぶ会を行っているケースも多くみられます。

著名人の場合は家族で密葬や家族葬を行った後にファンや一般の方も含めてお別れ会や偲ぶ会を実施することがよくあります。しかし、最近では一般の方でも一般的な葬儀ではなくお別れの会を開くことが増えており、終活でお別れの会を希望することも多くなっています。ホテルやレストランを会場として使用する場合、遺骨を持ち込んだり焼香をしたりすることが許可されないことも多く、喪服ではない平服で臨んでパーティー形式でお別れをすることが多いです。

音楽を流したり、故人のアルバムが掲示されたりなど、故人の死を悲しむというよりも偲びいつまでも忘れないという思いが強いものになる傾向があります。極楽浄土に成仏させたいというような宗教色は薄れますが、故人らしく、最期を親しい知人に見送ってもらうことができる葬儀の形として、選択する人も増えています。