葬儀の形態 家族葬・密葬

最近は結婚式でも派手婚が少なくなっているように、故人の遺志や家族の都合などによって、あまり費用をかけない葬儀の形も一般的なものとなっています。葬儀会社も敢えて規模の小さい会場を用意することが多くなっています。

一般的なものと区別して家族葬と呼ばれているものがその代表的なものですが、家族葬には明確な定義はありません。最近では著名人などが亡くなった際に「密葬で執り行われました」とニュースが流れることがあります。密葬は家族やごく親しい人を中心に行う葬儀であり、一般の会葬者は招きません。密葬を行った後に火葬式や直葬を行う場合や、ごく一般的な家族葬を小規模で行う場合もあります。

家族葬は規模が大きくないため、弔問客や会葬者の対応で追われる一般的な葬儀と比べて、ゆっくりと故人とのお別れができるという特徴があります。周囲への気遣いで悲しむ暇もないということがなく、故人と家族の思いを反映しやすいというメリットもあります。会葬者の人数が少なく大きな会場を借用する必要がないため、費用の面でも無駄がありません。終活で家族葬を生前予約される方も年々増加しています。葬儀の主体が誰であるか、パフォーマンスとしての葬儀の在り方なども考えて、家族葬にたどりつくという方も少なくないでしょう。