葬儀の形態 一日葬

一般的な葬儀では、通夜と葬儀、告別式がセットになっており、最低でも2日間かけて行うのが普通です。お通夜ではいつ訪れるがわからない弔問客の対応のため、喪主をはじめとする遺族は全く気が抜けません。また、弔問客にお酒や料理の接待などの準備もしなくてはならず、ほとんど一睡もせずに葬儀を迎えることになります。

そんな中で近年、新しい形態として登場したのが一日葬です。通夜を省略して一日で葬儀、告別式を行うものであるため、遺族の負担は大幅に軽減されます。遠く離れて暮らす親族や、仕事でなかなか2日間都合をつけることが難しい遺族にとっても助かるものとなります。

通夜をしないため料理や通夜のための施設使用料などもカットできるので、経済的であるとも言えます。費用の面から一日葬を選択する方も多いようですが、日程が2日から1日に短縮されるからといって費用が半額になることはないので注意が必要です。また、1日葬であっても祭壇の飾りつけなどの都合から前日から会場を使用しなくてはならないことも多くなります。葬儀は宗教的な行事としての意味合いも強いものでもあり、その教えから1日で執り行うことに異論が唱えられることがあることも理解しておく必要があります。