葬儀の形態 団体葬・合同葬

宗教や宗派、規模や内容などによって葬儀の形態にはさまざまなものがあります。故人の遺志を尊重したり、費用を安く抑えたりするために葬儀のスタイルを選択することもありますが、誰が主宰するのかという点で区別することもできます。

企業などで多くみられる葬儀の形態に社葬というものがあります。その名の通り企業や会社が主宰して行うものであり、企業の創始者や重役など貢献度や知名度の高い方が亡くなった場合に、会社をあげて行われる規模の大きな葬儀です。また、このような葬儀を団体葬というのに対して個人で行う一般的な葬儀は個人葬と呼ぶことがあります。社葬は個人を追悼する目的だけでなく、いかに個人が企業のために貢献したかを知らしめる意義もあり、名誉色の強い傾向があります。

一方で合同葬とは、企業や遺族が合同で葬儀を主宰し、個人葬と一般的な本葬を一緒に行うものです。複数の企業や団体が合同で行うことも多く、社葬よりも費用を安く抑えることが可能です。また、自然災害や航空機事故などで多数の死者が出た場合も、合同葬が行われることがあります。団体葬も合同葬も、個人的な故人とのお別れという意味合いはあまり強くなく、規模が大きい会場で多くの参列者を対象とするのが一般的です。