意外と知らない葬儀の種類

意外と知らない葬儀の種類 人間は誰にでも寿命があり、人生の最期、終焉を迎える時が必ず訪れます。葬儀は、宗教によってさまざまな違いはあるものの、故人が極楽浄土に成仏してくれることを願い、近しい人や仕事上の付き合いがあった人々が故人との別れを偲ぶための大切な儀式です。従前は、予算や規模、宗教などによって多少異なりますが、一般的に葬儀とはこういうもの、というイメージが定着していました。しかし、近年では自分らしく最期を迎えたいと終活する方も増加しており、故人や家族の希望するスタイルでお別れをすることを望む方が増えています。突然の不幸が訪れた時、どんな内容の葬儀を行えばいいかは誰しも迷うものです。事前にさまざまな形を知っておくことで、葬儀会社と打ち合わせをする際に、故人や家族の希望を伝えやすくなり、イメージを共有することが可能になります。

まず基本となる葬儀式と告別式について理解しておくことが大切です。葬儀と一括して呼ぶ場合もありますが、会葬者に時間を連絡する際にも「葬儀、告別式」と案内されることが一般的です。葬儀式は、遺族、そしてごくわずかな故人と親しい知人などが、故人と水入らずの別れの時間をもち、冥福を祈るもので、僧侶の読経など宗教的な意味合いの強いものです。一方告別式は、友人や知人だけでなく仕事上のつきあいや社会的立場でつながりのある人々を含めて最後のお別れをするセレモニーの一種です。

以前は、告別式に参列した会葬者は、式に続いて全員で火葬場に行くのが習慣となっていましたが、最近では家族や親族以外で火葬場まで行く人は少なくなっています。これは慶事ではありますが、家族や近親者で式を行い、それ以外の大人数の招待者で披露宴が行われる結婚の儀に似ています。

最近では、葬儀と告別式を明確に区別することなく、同じ時間帯で会葬者全員を対象として行われることが一般的となっています。時間も2つを区別することなく、出棺の時間だけ別扱いで案内されるのが普通です。また、家族や親戚、特に親しい知人でなければ葬儀か通夜のどちらかに参列する事が多く、仕事を休めないなどの都合から通夜を選ぶ方も少なくありません。昔は通夜の弔問はごく親しかった者のみでしたが、最近では逆に仕事上の付き合いなどで訪れる人の方が多くなっています。

現代においては、一般的な葬儀だけではなく、故人や家族の希望によってさまざまな形態の葬儀が行われています。場合によっては親しい間柄であっても会葬を遠慮しなければならないこともあるので、形態の違いや特性についてよく理解しておく必要があります。

最新ニュース